8月13日~15日 旧盆
  • お盆の由来

お盆の由来については諸説ありますが、ひとつに、民族宗教ともいえるお経「盂蘭盆経(うらぼんきょう)」の中の親孝行の大切さを説いた教えがあります。


「お釈迦様の弟子の目連尊者が、ある時自身の神通力によって亡き母が餓鬼道に落ちて苦しんでいると知りました。そこでどうしたら母親を救えるのかをお釈迦様に相談すると、多くの人に施しをすれば母親は救われるとおっしゃいました。そこで目連尊者はお釈迦様の教えに従い、3ヶ月の修行を終えた7月15日、多くの僧たちに飲食物をささげて供養したのです。すると、その功徳によって母親は極楽往生がとげられました。」というお話です。


盆供養の仕方は宗派による違いもありますが、地域によって様々な風習が根付いております。今日ではご先祖様の霊が帰って来ると考えられ、修行僧ではなく皆様のご先祖様を供養することが習慣となっております。


  • お盆の期間

明治時代以前の旧暦の頃は7月15日を中心行っていましたが、新暦になると農作業などの繁忙期と重なるため、ひと月遅れの8月15日を中心に行う地域が多くなりました。現在では、東京都・神奈川県の一部は7月13日~16日、その他の地方は8月13日~16日に行われており、8月のお盆のことを旧盆といいます。


  • 迎え火、送り火

13日の夕方に、焙烙(素焼きの皿)の上でおがらを焚いて、ご先祖や故人の霊をお迎えする「精霊迎え」をします。その霊が迷わず帰って来れるように目印にするのが「迎え火」です。そして、お盆に迎えたご先祖様の霊を送り出す「精霊送り」を、16日に再び焙烙でおがらを焚くのが「送り火」です。


1年の節としてお盆の供養をすることも、「自己を見つめ直す」良い機会になるでしょう。