秋彼岸
  • お彼岸について

「暑さ寒さも彼岸まで」といわれるようにお彼岸は季節のくぎりであります。春・秋のお彼岸には、ご先祖様のお墓参りをいたしましょう。


春のお彼岸は3月、秋のお彼岸は9月と年2回あります。期間は、春分の日・秋分の日をお中日として前後3日間の7日間です。そして初日を「彼岸の入り」といい、最終日を「彼岸の明け」といいます。お中日には当山の地下ホールをお檀家の皆様に開放しておりますので、家族団らんの場にお使い下さい。


私たちを見守って下さっている仏様になったご先祖様に感謝の気持ちを込め、お墓にお線香やお花を供え、水をそそぎ、手を合わせましょう。きっと心になにかを感じるはずでしょう。


  • お参りの方へ

食べ物のお供えはカラスからの害からご遠慮いただいております。ご了承下さい。